離脱症状に注意

瓶から出ている薬

パキシルは非常に強力な薬で、服用することによってうつ病やパニック障害、強迫性障害といった精神的な病を効果的に治療できるという事もあり、非常に多くの人が服用している薬です。
しかし、強力な薬である反面離脱症状というものが起こりやすい薬とも言われています。
この離脱症状というのは決して幽体離脱のような心霊現象の事を指すのではなく、服用を辞めたり服用量を減らした際に起こる症状の事を指します。

通常の抗うつ剤でも離脱症状は起こるものですが、パキシルは効果が強い分離脱症状が顕著に現れるという特徴があります。
現れる症状の特徴としては耳鳴りやしびれ、めまいや発汗のような体に直接症状が現れる物から、震えや体のソワソワ感などがあります。
この症状が現れる理由としては血液内に存在している薬物濃度が急激に下がったことにより発症する、抗うつ剤独自の副作用のようなものなのです。
このような症状が非常に現れやすいという事もあり、パキシルは「うつ病治療に非常に効果があるが、パキシルの服用を辞めるのは難しい」と言われています。

その為、もしもうつ病の治療にパキシルを使用したいと思っているのであれば、離脱症状としてどのような症状があるのかというのを知り、その上でパキシルを利用するかを考えていく必要があるのです。